読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロビンさんのワクワク研究室

ワクワク・トキメキ・ほっと一息。

映画「シン・ゴジラ」を観て来ました。

映画

知り合いから「字幕を読むのが大変だった。間に合わなかった」と言われ、「え?日本映画なのに?」と首を傾げながら、久々の映画鑑賞へ。話題の「シン・ゴジラ」です。

 

再始動(シン・ゴジラ)

再始動(シン・ゴジラ)

  • TSM シネマ オーケストラ
  • サウンドトラック
  • ¥250

 

 

事前に、高評価の感想を幾つも目にしていました。

うーん、、、ところどころ面白い場面はありましたが

全体として、自分的にはあまり楽しめませんでした。

字幕が多いと言っていたのは、登場人物の役職名でしたね。

感想、今回は簡単にメモしておきます。

 

* 初期のゴジラがちゃっちい

 

*感情移入ができない

 

*キャラ演出だろうが、石原さとみさんの役の鼻につく英語のイントネーションがくどすぎていらいらするだけだった。

 

 

面白かったところも上げておきます。。。

 

*甘利大臣そっくりの役者さんが劇中も閣僚役で出てくる(本人かと思っちゃいました) 

 

ゴジラへの攻撃の仕方、最終的な解決方法

 

 

 

エンドロールには

協力、として『電通』の文字が。。。あぁ。。。

 

そして私は気づかなかったのですが、同じく協力、した人物として『枝野幸男』氏の名前もあったそうで、観終わった後にネットでインタビュー記事を拝見しました。そちらのほうが興味深かったです。

 

なぜ私はこの映画を楽しめなかったのだろう?と考えた時、

「現実のほうが切羽詰まっていて、生々しいから」ではないか、と

 

沖縄・高江の問題

原発再稼働、廃炉の問題 

放射能まみれのこの国 映画みたいに短期間で半減しない

この映画で、緊急時の国会議員の動きが見れたという感想を目にしたけど、山本太郎さんがUPする動画の方がよっぽどリアル