読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロビンさんのワクワク研究室

ワクワク・トキメキ・ほっと一息。

伝え方・繋がり方〜選挙での街頭演説や原発再稼動反対運動〜

社会

これまで

候補者による選挙活動といえば、ついこの間までは車でただただ名前を大音量で連呼するだけだった。有権者として聞きたいのは政策であって、名前ではない。また、環境問題を大音量で訴える候補者には「お前が騒音だ。静かな居住環境を破壊しているじゃないか。矛盾している」と心のなかでツッコミを入れていた。

その後、

今年は従来の選挙活動スタイルに首を傾げる候補者や政治家、活動家の広がりを感じた。ずっと前からすでに路上で市民の声を聴く活動を行っていた山本太郎さん。選挙フェスの三宅洋平さん。スピーカーズコーナーの上杉隆さん。

うるさいだけでは、迷惑なんだ。名前を連呼するだけでは、訴えたいメッセージが伝わってこないんだ。

表現の仕方は人それぞれあるんだと思う。

音楽を使い、流すにしても好みのジャンルは人それぞれだ。それは理解した上で。

先日、原発再稼動反対の運動に参加してきた。

私は自宅から浴室用のウオークマン小型スピーカーを持参した。見た目よりとても良い音のするスピーカーである。どの位いい音かというと、目の前で本人が生演奏しているように聴こえるほどの音質の良さである(^^)これで、忌野清志郎さんの曲をかけたかった。「これ、かけたくて持ってきたんですけど、大丈夫ですかね?」そばにいた方に尋ねる。どうやら置き場所だけ気を付ければ問題無さそうだ。スピーチする人の邪魔にならないように反対側に向けて大音量にならないようにかける。途中夕立があったが、浴室用のスピーカーなので少々の雨にも強い。頼もしい。

原発の運動でそのわりに彼の曲が聴こえてこないのはなぜなのか、といつも疑問に思っていた。テレビじゃないから著作権も関係ないだろう。私はただただ彼の

サマータイムブルースを同じ反原発で集まった仲間と口ずさみ、その歌が広がって大合唱になればいいと思った。

清志郎さんは福島の事故が起こるずっと前からその危険性はもちろん、おそらく原発ビジネスのカラクリにも気付いていて、「原発要らねえ。危ねえ。欲しくねえ。」と訴え、孤独な戦いをしてきた。

抗議行動で隣に立っていた女性が「音楽があるといいわね」と言ってくださった。共に活動する仲間として気遣ってくださったのかもしれない。これは三宅洋平さんの活動で教わったことなの。。。私は心の中でつぶやいた。

表現の仕方は、人それぞれあるんだと思う。ここからは個人的な好みとして聞いてくれて構わないが、私はただやみくもに「◯◯反対!」とシュプレヒコールを繰り返すやり方が時に必要で効果がある場面もあるかもしれないと理解しつつ、そのやり方があまり好きではない。小さい頃から音楽が好きで音楽がないと生きていけないタイプということもあるが、反原発であれ、戦争反対であれ、高江のオスプレイパッド反対であれ、耳に痛いシュプレヒコールより、軍歌のような歌より、「島人ぬ宝」や「サマータイムブルース」の

祈るような歌声が広がって行く、そのさまのほうが、人の心を揺さぶるのではないか。相手に、誰かに、訴えることができる、届くと思うのだ。

街中での原発再稼動反対を声高に叫ぶだけでは、仕事で疲れてくたくたになった帰り道のサラリーマンにも、プライドを持って仕事ができなくなっている電力会社社員にも、温かい心の交流を持てない戦争屋たちにも、立ち止まって訴えを聴いてもらうのは難しいのではないか。どんなに真っ直ぐな思いで一生懸命に行動していても、伝わらないやり方では意味が無い。うるさいだけの訴え方になってはもったいない。

また、わかりやすい話し方や耳に心地よい音楽や歌声、踊りなどを用いた活動は、伝えたい相手に聴いてもらいやすくなるだけではなく、現政府への怒りを胸に抱えつつも活動者自身が

心地良く参加できる

というわけだ。心地良い活動、楽しい活動であれば持続する。また、共に活動する仲間を増やす上でも有効だ。その運動を広げたい時に、

参加しやすい工夫

をするのは大事だ。

これまでほかの人がやってこなかったやり方を用い、勇気を出して様々な行動に移している三宅洋平さんは叩かれやすいが、彼の選挙フェスでどれだけ多くの国民がこの国の生きづらさのカラクリを教えてもらったか。エネルギー問題、TPP、国防の問題、食の安全、税金の使われ方、日本会議経団連、緊急事態条項、日米原子力協定、ベーシック・インカムODA...短期間にこれほど多くの人々にわかりやすく教える人はほとんどいなかったではないか。

現政権のもと、理不尽な日々の生活で疲弊し思考停止になっていた国民

を目覚めさせたという点で彼の功績は大きい。彼は耳に痛いこれまでの選挙演説スタイルではなく音楽で、わかりやすい言葉で、たくさんの人々を集め一見難しそうなテーマを、次々と説明してくれた。ただ怒鳴るだけだったら、あんなに人は集まらないし、熱中症が心配される暑さの中 長時間そこにとどまって話を聴き続けたりしないだろう。

北風と太陽の、太陽のやり方

のほうが、比較的人は動いてくれたりするものだ。

 

高江でも途中集まった人たちが三線の演奏でカチャーシーを踊ったり、「明日があるさ」を歌う場面があったと知った。苦しい活動では続かない。とてもいいことだと思った。

サマータイム・ブルース

サマータイム・ブルース

 

島人ぬ宝

島人ぬ宝

  • BEGIN
  • ワールド
  • ¥250

   

 

第4回ムーンウォーク世界大会に参加しました。

ダンス

わくわく研究所なので楽しい話題を。

 

8月6日㈯、神奈川県相模原市の「第28回 大野北 銀河まつり 第4回ムーンウォーク世界大会」おもしろ部門にRobin名で出場しました。私は昨年に引き続き2度目の参加となります。

 

町おこしイベントであること、会場の雰囲気が良いこと、尊敬するダンサーの一人「ひとりでできるもん」さんゆかりの土地であること、こだわりのムーンウォークがコンセプトになっていること、世界大会であること、世界大会でありながらマイナーな扱いであること、発展途上の自分でも挑戦する機会が与えられていること、参加費が1000円、入賞すると地元でしか使えない商品券がもらえること。。。楽しく参加できる良いイベントだ!と、思い入れたっぷりなのです。

一つだけネックなのは、ムーンウォークということでBGMが「ビリージーン」と決められていることです。マイケル好きだけど、私が一番好きなのは「スムーズ・クリミナル

」だよ。。。でも曲が指定されているからこそ、予めそれに合わせて作品作りができるというメリットもあるのです。

 

司会:今回はお笑いコンビ「がじゅまる」さんが担当。きれいな?おしりを使ったネタで盛り上げ(^^)明るくテンポ良くいい雰囲気でイベントが進められました。

 

参加者のパフォーマンス傾向:実は2年前、すでにこのイベントに目をつけていた私は電車賃を掛けて下見のために大会へ行きました。その時の「今後はパントマイムとアニメーションダンスを取り入れたパフォーマンスが増えるだろうな」というヨミは当たり、今回の入賞者もまたしかり、でした。 

 

自分の作品:かなり前から準備はしてきましたが、直前までキャラや作品構成は検討・変更を繰り返しました。結果的に今回はどろぼうキャラが不思議な動きをする、という作品にしました。演技時間が限られているため取り込む技も限られ、今回は試行錯誤の末「なるべく自分が好きで得意な技、廻りからも比較的評価されてる技に絞ろう」と決めました。今回は自分の動きを何度も何度もスマホで動画を撮り、チェックを繰り返しました。あたりまえのことだけれども、こういう習慣が身に付くことになったのは幸いでした。

演技した感想から先に言いますと、人前でのパフォーマンスに慣れていないためやはり舞台に立つと楽しむ楽しませる余裕はなくなりアガって頭が真っ白になったり逆に得意技であっても逆に集中が途切れてうまくできなかったりしました。練習量を増やす必要性を痛感するとともに、今後はもっと人前でのパフォーマンスの場数を踏むこともやっていこうと改めて感じました。完成度を上げたいと毎回思っていますが、発展途上ながらも出場するにはやはり意味があり、今回も様々な学びがありました。細かいことですが、例えば「あぁ、自分は普段歩いている時や立っている時は姿勢が良かったりするけれど、足技やろうとすると猫背になりがちだな」とか、「楽しそうな表情になっていないな。これじゃお客さんも笑わないな」とか、ウエーブや足技のスピードやテンポに至るまで、今回も本当にたくさんの気付きがありました。

反省点多い中、パントマイムの先生にお願いして教わった、私にしたらちょっとだけアクロバティックな技「イリュージョンライズアップ・スコーピオン」(床に腹ばいの様な姿勢からまるでビデオを逆再生したかの様に立位姿勢になる技。床にバタンと倒れるところから始めるとなお不思議さ倍増ですが、私は腕の肉離れ寸前のけがをし、Dr.ストップがかかりましたので^^;起き上がるところから)。本番ではぐらつかずに立位姿勢にもっていけたことは唯一の救いでした。ただし、先の記述通り同技を取り入れたパフォーマーが今回は私以外にも確か2名はいました。女性でこれを演る人は少ないから私はできるようになりたかった。大きい不思議な動きなので、成功すれば見栄えがしインパクトもあるので目を付けるパフォーマーが何人も出るのは当然と言えますが、その分ネタが被ると觀る人は「またか」感を抱くこともあるでしょうね。

大技の後に今回は自分の好きなロボット振りを入れ、それからサイドウォーク、バックスライド、スネークウォークをやりました。ダンサーによって見解は異なることもあるかと思いますが、ムーンウォークってバックスライドだけじゃないのよん月面で歩くとこんな感じかなっていう不思議な歩き方はいろいろあるのよん、ていうのが淵野辺の人たちに主催者側に審査の人たちにどの位理解されているのかちょっと不安になりました。そのため今回当初バックスライドを入れないつもりで作品構成を考えていたのですが、直前になって変更しました。

今回は一人で参加したため自分の当日の演技を動画で撮ってもらう知人もおらず、また、入賞も逃したため、本番の自分のパフォーマンスがどうだったか振り返ることができないのが残念です。主催者側からのフォトアルバムがupされるのを待ちたいと思います。今回は関連画像を貼れずスミマセン。

 

 

今回の大会全体を振り返り

 

*残念だったことは

・練習スペースが設けられていることを出場者全員にもれなく伝えて欲しかった(私は昨年は聞いておらず、今回は知り合いが教えてくれて知った)。

・出場者に当日はまつりのパンフと簡単なタイムスケジュールは配って欲しい。

・前回は事前に床の滑り具合をチェックさせてもらえたが、今回は無かった。

・時間途中で曲が途切れる人がいて、彼は演技しづらかったと思う。

・どのメディアが入っているか事前に明らかにして欲しい。

 

*良かったことは

・スタッフも出場者も和気あいあいとしているところ。

・出場資格のしばりがほとんどなく今回も老若男女参加されていた。

・天候にも恵まれた(気温が高くて熱中症の心配はありましたが^^;)。

 

個人的にはかつてお世話になったダンス仲間と再会しお話しできる良い機会ともなりました。雰囲気の良いおまつりなので、できれば自分のパフォーマンスだけでなく他のイベントや模擬店など、ゆっくり楽しむ余裕が欲しいなあ、と毎回思います。スタッフの皆様、参加された方々、お世話様でした。

私にパントマイムやアクロバティックな技、ダンスの各技を教えてくださったパントマイムやダンスの先生方、ありがとうございました。私なりに精進しますのでこれからもご指導お願い致します。

来年も入賞目指してチャレンジしたいです。

 

この平和なイベントがこれからも続くことを願っています。

 

Billie Jean

Billie Jean

 

 

Smooth Criminal (Radio Edit)

Smooth Criminal (Radio Edit)

   

 

 

 

お任せ民主主義からの卒業

社会

都知事選。私は東京都民なので、無関心ではいられません。ましてや前都知事のお金の

問題の後であり、参院選の後であります。

 

選挙には必ず投票へ行っていますが、それにしてもいまだかつてこんなに切羽詰まった気持ちで、一日中頭の中が政治のことでいっぱいになったことはありませんでした。この国の生きづらさのカラクリを知ってしまったから。そして、今守る努力をしないと自由が奪われることになるから。

 

有権者となってだいぶ経ちますが、先日の参院選でははじめて心から「この人に当選して国会に行ってもらいたい。この人なら信じられる」と思える候補者が出馬しました。今の日本の現状を彼の演説で理解しました。「ネットのRT(リツイート。拡散すること)だけしてその候補者を放置プレイしてきたんだ」と彼自身の反省を聴いた時、それは自分に言われているに等しいと理解しました。投票には必ず行ってきたけれど、政治家が国会でどんな発言を質問をしているか、どのような活動をしているか、いちいちチェックはしていなかった。それこそが現政権の思う壺なのでしたね。なるべく大勢がお馬鹿な国民でいてくれたほうが、ごく一部の人たちの利益にしかならない悪法を通しやすいのでした。でも、「税金をおさめている一人ひとりが国の株主なんだ」と言われて、そんな発想は抜け落ちていたので目からウロコでした。選挙に行かないのはお馬鹿な国民だが、投票しているだけでもだめなんだ。先人たちの努力によって享受された権利を自由を、私たちは「不断の努力」で守らなければいけない。憲法にも書いてあるのでした。

それを教えてくれたのが山本太郎さんと三宅洋平さんでした。洋平さんの街頭演説を聴きに、直接本人に会いに、自転車を走らせました。演説終了後に握手と写真撮影をしてもらった時、太郎さんが「(公選)葉書を、葉書をぜひお願いします」とおっしゃり、私ははい、と小さく返事をしました。知り合いは多い方かもしれない。でも自分としては投票依頼の電話と葉書はハードルが高く、悩みました。さんざん悩んで数枚書いて、間に合うようにと電車に乗って三宅事務所へ届けに行きました。

公選葉書を書くのも、選挙事務所に行くのも、生まれてはじめてでした。やらないでいる方がその時はラクかもしれなかったです。でも「行動しなければ後悔するだろうな」「太郎さんとも約束してしまった。確かに私は、はいと言ってしまった。彼は覚えていなくても嘘をついたり裏切ることになるのも嫌だ」

 

行動しても参院選は自分の願う結果にはならなかった。

 

しかしその後の都知事選でも生まれて初めて「この人に都知事になってもらいたい。この人なら信じられる」という候補者が現れた。

あきらめの境地ではなく、やっぱり「現政権のやりたい放題は許さない」と行動することにした。都政と国政は違う、でも現政権が党として候補者を擁立してきた。元東電にも日本会議にも都知事になってもらっては困るのですよ。

ネットのRTだけのおまかせ民主主義から卒業して行動する自分のほうがいい。

精神的にはまだまだ調子が悪い日も多いものの、身体はまあまあ鍛えているのさ。筋トレなんかも続けているし膝も幾分矯正されているし、あちこち痛いことはあってもできそうだ、ポスター貼り。マスメディアで取り上げてもらえない上杉隆さんのことを、ネット民は知っていてもお年寄りは知らない。名前も顔も。だからまず、上杉候補の場合は特に早急にポスターが掲示板に貼られていなければ。

参院選に続き都知事選立候補者の選挙事務所を訪れるとは自分でも思わなかった。

ポスター貼りなんて初めてやった。このささやかかもしれないボラをやろうと思ったのは、もちろんその候補者こそ都知事にふさわしいと思って役に立ちたいと思ったからだが、何事も経験、実際にやってみなければわからないことは多いものだ。実際、とても勉強になった。選挙事務所はどこも似たり寄ったりかと漠然とイメージしていたがちょっと足を踏み入れただけでもそれぞれ異なることがわかったし、ポスター貼りの流れ(問い合わせから実際に貼り終えるまで)、ポスター掲示板についてもやってみてよくわかった。社会勉強、社会貢献できたかな。。。

同じ候補者を応援したい人たちが集まるから、選挙事務所でもボラ同士、会話がしやすい。今日はじめて会った名前も知らない人なのに、すぐに政治の話をできるんだ。それは不思議な体験だったけれど、もっとこんな風に自然に政治の話ができる風土であるほうがあたりまえの風景なのかもしれない。そのほうが楽しい。

 

おまかせ民主主義を卒業すると、堂々と文句も意見も言いやすい。勉強してない愚かな国民では貧困と戦争の道まっしぐら。納税者は株主、モノ言う納税者のほうがかっこいいのでした。

たくさんの知識の種を広くまいて、行動する国民を増やした洋平さんの選挙フェスの功績は大きいとあらためて感じます。

これまでの行動、優れた政策、わかりやすい説明。これまでのどんな大物政治家よりも山本太郎さん、三宅洋平さん、上杉隆さんから教わったことは多いのでした。

 

天皇の生前退位(譲位)についても現政権がどう対応するか、天皇ご自身の語られる言葉とともに注目しています。

 

おまかせ民主主義から卒業した国民が、世界が、見ています。

 

イマジン

イマジン

 

   

ストレッチと筋トレ

健康

身体のメンテナンスやスタイル維持の為に、何かしていることはありますか?

節約生活の方はウオーキングが多いみたい。小金持ちからはジム通いと良く聞きます。

 

私はダンスとパントマイムを習っているのですが、このどちらも確かに体調がよくなる・姿勢やスタイルも良くなる。しかし私は美容健康のためにやっているわけじゃない。

 

私が自宅で続けていることは「毎日のストレッチ」そして「週2の筋トレ」です。

何年か前にウオーキングはやっていましたが、その時の私のスタイル維持や体重を落とす目的には結果が伴いませんでした。ジムは「そんなにお金を掛けなくても効果的なやり方を教わって知っているから自宅でできる」派です。人それぞれ、その人に合った方法で構わない。

本当は図やイラスト、画像で示したほうがわかりやすいのですが、今日は何をやっているかだけの紹介です。

 

*ストレッチ*

「開脚ストレッチ」

両脚を出来るだけ180度目指して横に開きます。男性は苦手な人が多いみたい。でも、毎日やっていくとすぐに脚が開いてきます。太ももの内側を伸ばすこれをやると、とても調子がいい。疲れにくくなりました。開脚したら腕を伸ばした状態で左右それぞれにゆっくりと30秒づつ前かがみにならないように注意しながら上半身を傾けて伸ばす。呼吸を止めずに行う。

 

「股関節をゆるめる」

①L字型に座って右脚膝を少し曲げ、左脚のかかとを支点にする感じで左右にワイパーのように10回程度振り、左膝下に左手を軽く添えながら今度は軽く上下に10回。

同様に右の股関節もゆるめる。

②椅子に座った姿勢で片脚上げて、外側に向かって円を描くように回す。

 

「足の血行を良くする」

①足裏を指圧してみる。

②足指を端から2本づつ持って(母指と第二指)互い違いに動かす。これを他の指も行う。

 

「上半身のストレッチ」

首を回す・肩を回す・肩を上下する・手首を回す・腕をねじる・腕を後ろへも引っ張るなどなど。基本は筋を傷めないように勢いをつけずにゆっくりと。呼吸をしながら。

 

*筋トレ*

毎日やるのではなく、鍛えたら休ませる超回復の時期も必要とのことですね。私は週2回と決めたら、プレッシャーにならず続けられています。今日やる予定だったけどできなかった、という時は翌日やればいい。

やっているのは「腹筋」「側筋」「背筋」「腕立て」。それぞれやり方は一つではないようですね、自分の身体や目的に合わせたやり方でどうぞ。

ちなみに私は昔やっていた仕事で頸肩腕症候群をやっているので、腕立ては実はしんどいのです。でもアニメーションダンスの胸のヒットに効果的かなと思い、古傷と相談しながら大胸筋に効くやり方で腕立て伏せをやっております^^;

 

あとは立位姿勢で片脚づつ後ろへ上げる「ヒップup」に効くトレーニングもやっていますよ。

 

歳を重ねても美容整形していないのに姿勢が良くて・バストupして・くびれてて・程よく腹筋が割れてて・プリケツだったら、なかなかかっこいいんじゃないか。そんな自分だったら、ちょっと自信を持って毎日過ごせるんじゃないか。そう思うと楽しく体づくりできますね。体調が良いと精神的にも上向きになれますね。

 

ストレッチや筋トレはご自分に合ったやり方で無理のないように行ってくださいね。

 

4 Minutes (feat. Justin Timberlake & Timbaland)

4 Minutes (feat. Justin Timberlake & Timbaland)

   

 

 

希望の光 〜絶望の淵から〜

社会

どうして立会演説会は廃止されてしまったんだろう。理由はなんだろう。あれば各候補者の言葉を、訴えを、政策を、いっぺんに聴き比べられるのに。室内で座って聴けるのに。行くのに。復活して欲しい。

 

選挙の度にそう思う。

 

今日は、自分の考えに近い候補者が地元へ演説に来たので、自転車を走らせ聴きに行った。今日から7月。蒸し暑く汗がダラダラ出て、軽い熱中症になってしまったが、候補者や支えるスタッフ、ボランティアさんは1日に何箇所も廻り、もっと大変だろう。その候補者は私と同様に持ち歩くボトルから水分補給をしていた。

 

現代はインターネットで候補者の考え・政策はある程度知ることができる。その上で熱い中、演説をわざわざ聴きに行ったのは今回が初めてだ。応援の意味もあるが、紙やネット上ではなく、生身の本人に会って自分のこの目で見て耳で聞いて感じるためである。

 

たかが一票だが、大事な自分の一票を投じる際の、責任を持ちたい。

 

選挙に行かない人が多いと聞く度に、思うのは

そういう人たちは学校で習わなかったのか?

選挙権は今でこそ当たり前の権利だが

ほんのちょっと前までは

違ってたんだぜ

急に

「男しか投票できません。」とか

「貧乏な奴は権利なし。金持ちで税金をたくさん払った人だけ投票してよし」

と言われて、差別されて、投票する権利を剥奪されたとしたら?

平気なの?

 

学校で、習わなかったのか?

先生は、教えないのか?

投票権は先人たちの努力がもぎ取った権利

だと

そう私は習ったけど。

 

さて

今回の参議院議員選挙

聞いてない・習ってない・知らなかった では済まされないです。

どなたさまも 正しい知識を持って選んで投票してください。

終わってから

「そんな問題が日本で起こっているとは知らなかった」

では済まされない状況だから。

 

今の日本の生きづらさのカラクリを知ってください。

憲法で「個人」を「人」と書き直している改悪は危険だ。

今回の選挙で行動して、意思表示をしなかったら

あなたの好きな楽しいことがこれまでみたいに自由にできなくなる それは嫌だ

 

数日前まで「この国はだめだ。国民を守ってくれない。セーフティーネットも機能していない。労基法も守られていない。どんなにがんばっても報われなくて、ズルをした人がたくさん儲けているなんて。日本が嫌いになりそうだ。いっそ外国へ行きたい」と

絶望していた

そこに飛び込んできた動画

私が演説を聴きに行くことにした候補者を 応援する人のメッセージ

 

生活が苦しいのはあなたの我慢やがんばりが足りない訳ではない

 

増えない給料 少ない給料の中から 家賃食費保険料払っていくら残るの

 

でも演劇とかライブとか行きたいですよね

 

あなたは悪くない あなたはがんばっている

 

自信を持って

 

政治家になりたての頃は未熟だったかもしれないけど、努力されて勉強されたんだなぁと 心に響く

そして

彼が応援する候補者も 更にその上を行く演説の見事なこと

この国の生きづらさのカラクリ

難しそうなテーマもわかりやすく説明してくれていて

ちょっとだけ観ようと思っていた動画を中断ができないほど

話がおもしろいんですよ

おもしろくて

 聴きやすくて

  わかりやすくて

   勉強になる

 

これは伝説になる演説

 

絶望の淵から

もう少しがんばってみよう 

苦しんでいる人々の気持ちに寄り添って 体を張ってこの国を良くしようと

がんばっている人がいるってことに 希望の光を感じました

 

応援し続けます、と握手しながら伝えました。

 

今回は 各党それぞれの候補者がどんな話をしているかチェックなさってください

正しい知識を得て

賢い国民 賢い有権者となって

選んで 行動しよう

ポイントは「具体的かどうか」です

きれいごと 耳障りのいいことは口ではなんとでも言えるから

財源の問題も 原発の問題も 具体案を言っているかどうかは 目安になる

 

あと

さんざん憲法改悪の動きをとってきたくせに今回の選挙で憲法の話をしない党は

憲法の話題を避けている党だと言わざるを得ない

変えたいなら堂々と主張すればいいのに、

選挙の争点にしないとか

討論を拒否するとか

やましい気持ちがあるからあえて触れようとしない訳

人権が、平和が、

守られるか 剥奪されるかの話なんです

それは近い将来の話ではなく、秋には動きがあるかもしれない

だから知識を持ってください

憲法について触れているかどうかは、公報でもチェック可能です

 

ネットを使える環境なら

仕事や家事で疲れている人も介護で人間関係でストレス溜まっている人も

励まされる おもしろいそれでいて「そうだったのか!」と知らなかったことを教えてくれる動画

この国のカラクリをわかりやすく説明してくれている動画

#三宅洋平 高円寺

で検索掛けてみると

たどりつけるかと思います

 

投票前に観て正解です

 

そして、心に響いて

この国のカラクリに気付いて

正しい知識を得た 賢いあなたは

このままでは危険だとわかったら

自分を守るために 自分の大切な人を守るために

他の人へも話をしてください

 

賢くなった有権者は更に賢く

#不正選挙 

についても検索しているかも

開票について 自動開票集計機について

目を光らせているかも

 

そうそう、直接の不正防止というよりは

目を光らせていますよ、という意思表示の意味も込めて

今回の投票は油性ペン持参で行きます

わざわざ買いに行きました

持参したボールペンや油性ペンで投票用紙に記入する有権者

増えそうな予感

 

絶望から救ってくれた二人と写真を撮った

画像はupしないけど

本人たちが言うように

近い将来この二人が総理大臣と外務大臣になったら

って想像すると、おもしろいね

日本を脱出するのは踏みとどまるね

わくわくするもの

 

自分らしくあれる社会

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

音楽処方箋:忌野清志郎さん

音楽処方箋

生きづらさ息苦しさが続く中

音楽に癒やされることは多くて

 今日はYouTube忌野清志郎さんばかり聴いていました。

 

一度だけ生の清志郎さんを見たことがある。

高校生の時に、当時の私はまだ大ファンとまでは言えなかった程度でしたが、仲良くしていたお友達がRCサクセションのライブに誘ってくれて、

その子は学校ではおとなしめの子だっただけに、今思えばこのぶっとんだアーチストのライブに行きたいと思ったってことは、内に秘めた当時の彼女なりの思いは熱いものがあったんだろうな。生の清志郎さんを見れたことは貴重だった。彼女とはもう連絡が取れていないけれど、もしまたひょっこり会う機会があったら、「あの時誘ってくれてありがとう」とお礼を言いたい。

 

ライブ会場は武道館でした。ステージに対して右横辺りの席だったと記憶している。初めて見る清志郎さんはエネルギーであふれていて、輝いていて、日本で一番おしりがかっこいいロッカーだと思った^^;

 

かっこいいのはおしりだけではなくてですね。

詩も、ギターも、ファッションも、お人柄や生き方も、全部好きだ。かっこいい。

「雨上がりの夜空に」「トランジスタラジオ」はいつ聴いてもいいですね。

清志郎さんは原発の問題にも早くから気付いていらっしゃって、私はアルバム『カバーズ』を手に入れた。「サマータイム・ブルース」「イマジン」はもっと日本の反原発運動で流れていい。

晩年の曲では「Jump」に何度励まされていることか。彼自身が病気と闘っている時に、こんなに前向きな曲を作った。亡くなってだいぶ経つのに、今でも彼の曲が詩が歌声が、残された私たちを励ます。

Jump

Jump

岡本太郎甲本ヒロトチャップリンマイケル・ジャクソン

私が大好きで尊敬していてあこがれていて励まされる人は、みんなはみだしている。

はみ出しを止めなかった人だけが、人々の心を打つ。世界を変えている。

国の敷いたレールや世間の常識が合わないと感じたらそれには乗っからず、時に笑われても孤独でも、自分の志を貫いている。その生き様が私を励ます。忌野清志郎という人間も、死んでなお私に影響を与えている。

   

 

 

 

 

TOKYU MUSIC LIVE 2016 に行って来ました。

音楽処方箋

/The Day

に当選し、親友と聴きに行きました。@渋谷オーチャードホール

Twitterの別アカウントでもつぶやいたのですが、こちらのブログでもうちょっとだけ詳しく。)

 

出演アーチストが豪華。財津和夫さん、KANさん、沢田知可子さん、太田裕美さん。

この顔ぶれで、2日間で4000名を無料招待とは東急さん、太っ腹!

 

最初から財津和夫さんの「Smile」にうっとり。やられました。訳詞がスクリーンに映され、意味も良く理解でき、更に癒やされてしまった。「Wake up」も聴けた。財津和夫さんの声はやさしい。こんなにやさしかったんだ。財津さん、素敵な歳の重ね方をされているなぁ。

 

KANさんは背中に天使の羽を付けたお衣装で登場。いいね。代表曲「愛は勝つ」はやっぱり名曲、客席のみんなが聞きたかったであろう曲。人生の途中で、この曲に励まされた人は多いと思う。熱唱するお姿にパワーもらった。彼がビリー・ジョエルに影響を受けていると聞いたことはあったが、チューリップのファンでもあったんですね。途中で財津さんとコラボし楽器をピアノからギターに持ち替えた、それがフライングVだったのはとても意外だった。

 

 沢田知可子さんも名曲「会いたい」を披露。作曲が財津さんだったのですね。知らなかった。新潟の復興を願った曲では手話を交えて歌い、私の隣りにいた親友はステージではなく私の手話歌を見てなぜか「感動した」と涙を拭いていた。「なんじゃそりゃ」と突っ込んどいたけど、どういうことだったのか、今度あった時に確認しておこう。。。

 

他のアーチストの楽曲同様、もうすっかりJapanese Standard:太田裕美さんの「木綿のハンカチーフ」、この曲を、ご本人の生歌を、聴けるなんて。当時と変わらない伸びやかな歌声。そして「さらばシベリア鉄道」の選曲には嬉しびっくりでした。

 

私は同棲の経験は無いのに、財津さんの「サボテンの花」で感極まって泣いてしまいました。親友も自分も、歳を重ねて涙腺が馬鹿になってきたということかな。

 

音楽のライブに行くのは久々でしたが、やっぱり音楽の力はすごいな!とあらためて感じました。世の中的にも嫌なニュースが続いていて多くの人の気持ちが萎えていた時期に、こんな爽やかでやさしくて癒される時間をプレゼントしてもらい、こういう機会は大事だなぁ、ありがたいなぁ、と感じました。音楽ライブ、いいですね。たまに行こう。

 

一つ、残念だったのは、バックバンドのメンバー紹介が無かったこと。ギターもドラムスも各パートとても良かったので、お名前の紹介があるとなお良かった。

 

さらばシベリア鉄道」の作曲は大滝詠一さん。セルフカバーバージョンも好き。なんか、癖になる曲。ギターで弾いてみたくなる曲。途中で♪テケテケテケ を入れたくなる。 

さらばシベリア鉄道

さらばシベリア鉄道

  • 大滝 詠一
  • J-Pop
  • ¥250